本文へ移動

誠倫ブログ

トレーニングモチベーション

2018-12-05
よく身体が大きくなると、どこに向かってるの笑?
なんて言われる。
僕がフィジカルトレーニングを始めたのは20代前半からだ。僕自身本来はガリガリの細身タイプで食も細く、小学生の時は栄養失調と医者に言われるくらいヒョロかった。
そんな経緯がある中、20台前半で始めて乗ったヨーロッパの本格的な馬の力強さに圧倒され身体を鍛えることにした。ただ鍛えるといってもそこまで本格的なものではなく今考えれば趣味の範疇と言っていいくらいのものだったろう。
何故なら若さに任せてトレーニングをしなくてもある程度のことはできたからだ。人は自分自身で必要性を感じないと本気で取り組んだり継続してやることは難しいからね。
そんな感じで気付けば30代半ばになり、ふとした時に身体の衰えを感じた。本当に何気ないことだったんだけどね。
このままじゃ、今は当たり前にできていることができなくなってくる。。
そう思い本格的にフィジカルトレーニングを開始した。元々が凝り性な性格なのでトレーニング法、栄養学、徹底的に勉強して馬術に必要な筋肉、バランスを探っていった。そうすると今まで見えなかったものがたくさん見えるようになり、新しい視野、考えが生まれた。
自分の身体の部位を1つ1つトレーニングすることで、馬に乗っている時にどの部位をどう使い、どこを強化しなければいけないか、とゆうのがハッキリ自覚できるようになったのだ。それは馬にも当てはまる。馬の解剖学、運動学を学びトレーニングをすることにより馬の体型、必要な筋力をある程度自由につけられるようになったのだ。
考え方の視野も広がった。スポーツ界から見た馬術選手の位置、アスリートとしての自覚、などだ。
馬術選手はスポーツ界では特殊な存在だ。不摂生な生活、タバコをふかし、大会中も浴びるように酒を呑み、2日酔いで試合にでる。しかしこれでも成績が出たり競技として成り立つのが馬術なのである。
結果を出せばいい、正に正論であるし究極僕もそう思う。だから他の選手を批判したり文句を言うつもりはさらさらない。僕自身はタバコは吸わないがお酒は普通に飲む。基本的には普段は全く飲まないが大会でみんなと一緒になればお付き合いで飲むし、それが大人だろう。嫌なことがあれば独りで呑むことだってある。他のスポーツ選手だってそれくらいのことはあると思う。ただ馬術選手と決定的に違うのは基本自分自身のフィジカルトレーニングはしているとゆうことだ。しかしそんなことはスポーツ選手にとっては当たり前のことなのである。ただこの馬術界はそれをやっている人が少ない為にやっている人が異質にみられる傾向がある。身体が大きくなっているのも馬術に必要な筋力を求めてトレーニングした副産物なのだ。なぜ副産物とゆう言い方をしているかとゆうと、僕が求めているのは筋力であって大きな筋肉ではない。専門的になってしまうが細かくいうと筋出力を上げるのと筋肥大をするトレーニングは違うのだが、ほとんどが比例して上がっていく。つまり本来は筋力だけを求めたいが、トレーニングをするとある程度筋肥大、身体が大きくなってしまうのである。
そうするとみんなにどうしたの?って言われちゃうんだよね。
別にもう慣れたし全然いいんだけど、僕自身はアスリートとして普通のことしてるだけなんだけどな〜、なんて思いがよぎるのである。あとはもう40代になりいい中年なんで、オジさん体型なんて言われたくないってのが2番目の理由かな(>人<;)
どのスポーツもそうだけどスポーツ選手はそのスポーツの特性に合った体型になってくる。
短距離選手なら速筋を鍛えるからムキムキ体型、長距離選手なら遅筋だから細めの体型、競輪選手なら鳥の太ももみたいな脚、馬術選手は特にとゆうのはないけどしいて言うなら、お腹はでても脚が締まっている人が多いかな。これは脚の筋肉を太くしすぎちゃうと膝が開いてしまいバランスがおかしくなるってゆうのを自然に身体が理解しているからだろうね。もちろん例外もいるけど。。
身体ってそのスポーツにあったものになってくるから必要な部位だけ鍛えると一般的にいびつな見た目になっちゃうだよね。だから僕は身体をまんべんなく鍛えるようにしている。この部分だけでいうならボディメイクに近いような感覚かな。ただそこが目的じゃなくて、あくまで1番は馬術に必要な筋力の向上、次にオッサンと馬鹿にされない身体、ボディメイクかな。
 
horselover KCさんからステッカーを頂きました。
チーム入りの条件は真剣にトレーニングをしている人、シックスパックの人だったかな笑

北関東地区忘年会

2018-12-03
今日は全国乗馬倶楽部振興協会北関東地区の忘年会です。今や日本最大地区に成長した北関東。今年はしのちゃんのWC出場のお祝いもかねて盛大に行われました。
忘年会って、、、もう今年もおわりか〜
 

2日目終了

2018-12-02
2日目が終わりました。
今日はMCからスタート。ゆりぺぺがスムーズな走行で満点2位!ジュニアの権利を1つゲット!石島くんとニューホースも1落あったもの走行自体は余裕。すぐにでも上のクラスを出来そうですね(*^^*)
MBはエイミー、ヴァシュロン共に権利獲得ならず。。走行は良かったんだけどな〜。少しの踏切り誤差が命取りのこのクラスで権利取りは子供達にとっては本当に至難のわざです(>人<;)みんな頑張れ!
そしてジムカーナでは五十嵐さんとドナがスムーズな誘導で2位!来年の障害デビューが楽しみですね(^O^)
最後にメータークラス。昨日90で優勝したアミフジとあこちゃん。まわりに速い馬がいて勝つには誰もやっていない小回りを全部決めるしかない。ベテランのアミフジを信じてスピードにのった走行で次々にショートカットを決め昨日に引き続きメータークラスも優勝!!ここにきて努力の成果が実ったね(^O^)
これで今年の試合は全部終わり!かと思ったらジュニア達の権利取りにもう1試合行くことになりました。取れるといいな〜(^-^)
 
 
めかちゃんの手術が無事に終わりました。
先生からは開けてみたら癒着が酷く今後も歩ける可能性は低いと言われました。。
ある程度覚悟はしていたし、まだ可能性もゼロではないけど胸が締めつけられるような感じだ。辛いね。。
そして夜はこうちゃんの誕生日会。本当は明日だけどみんな集まれるのが今日だったからね。
辛いことがあり、嬉しいことがある。
泣いて笑ってまた今日とゆう日が過ぎていく。。
 

初日終了

2018-12-01
初日が終わりました。
まずMDクラスでゆりぺぺが優勝!石島くんとニューホースも満点で入賞。幸先良いスタートをきりました(^-^)
しかし権利取りのMCではゆりぺぺが惜しくも2落。MBでは初挑戦の公晴とエイミー、みずきヴァシュロンも権利獲得できず。。やっぱりこのクラスになるとそううまくはいかないよね。
でもまだ始まったばかりだし諦めずいきますよ(^O^)
そして試合デビューの五十嵐さんとドナちゃん!無事にゴールしました(o^^o)五十嵐さんも緊張してたけど頑張りました!
最後にあこちゃんとアミフジのコンビが90で優勝!!最近実力をメキメキとつけてきました。明日はメーター勝ちにいきますよ(´∀`)
権利取りの道はなかなか険しいね〜なんて話をしてるのかな(*´ー`*)

壬生ジャンピングホースショー

2018-11-30
今年最後の試合、壬生ジャンピングホースショーが明日から始まります。小山からは7頭。
もう12月か〜〜     はやいね。。
実は数日前からめかちゃんの半身が麻痺で全く動かなくなってしまいました。
今日は輸送して運動したあと埼玉の病院にMRIを撮りに行きました。
重度のヘルニアがたくさんあり日曜日に手術になりました。心配で俺が病気になりそうだよ。。
株式会社トラウム
小山乗馬クラブ

〒323-0012
栃木県小山市羽川29-3

TEL.0285-25-8107
FAX.0285-25-8107

TOPへ戻る