本文へ移動

誠倫ブログ

犬と馬と鶏

2013-10-05
大きな犬とたくさんのニワトリと馬車馬みたいのが一緒に放されてる・・。間近で見るとなんとも不思議な光景だ(~_~;)

豚の丸焼き

2013-10-05
試合会場ではこの地方伝統料理、豚の丸焼きがありました。さっそく食べてみると凄く美味しかった!ドイツの料理は基本的に塩味がキツイんだけどこの豚の肉は余計な味付けがされていないので純粋に肉の味を堪能できました(^_^)また食べたいな。

さむい

2013-10-05
ちなみに厩舎にひく藁はもちろんタダ!日本ではオガより藁のが高いですがこっちは逆でオガのほうが若干高いんですね。馬の蹄には良し悪しはあるけど藁のがいい場合が多いのでヨーロッパから日本に来て蹄が悪くなるのは当たり前といっちゃ当たり前なのかもしれないですね。湿度に湿気、藁からオガに。。悪くなる要素いっぱいですから(*_*)それにこれも日本ではあまり考えられないですが乾草もタダなんです!とゆうかこれは大会によって変わるのですが主催者が草をタダで提供してくれることがけっこうあるんです(^_^)もちろん全部の競技会ではありませんが田舎の大きな大会などはけっこうある気がするかな。いいですよね。この草のロール、食わせたい放題( ̄▽ ̄;)そして僕は風邪をひいたみたい。。ドイツの寒さをなめてました。。まだ10月初めだからと薄手のジャンバーしか用意してなかったら日本の真冬なみじゃん・・。身体がだるく鼻水とくしゃみが止まらなくなり喉が痛い。。トーマスからもらったアスピリンと日本からもってきた漢方
薬を飲んで寝よう。。ではでは。

ナショナルだけど

2013-10-05
この試合はナショナルだけど仮設厩舎があるんですね(^_^)日本では試合は泊まりが普通ですけどこっちはインターナショナルでもない限り通常は通い。でも大きいナショナルなどはこうやってボロいけど仮設厩舎があるんです。流石に片道五時間を毎日通うのは人も馬も辛いしね!でも仮設厩舎はその名の通り仮設なので作りが簡単。だから蹴ったり暴れたりすると簡単に壊れやすく危ないので、うるさいオス馬などはこうやって馬房の内側に電気を流すんですね。放牧場のラチと同じ感じです。日本ではあまり見ないし考えられないかもしれないですね(>_<)その馬にはストレスかもしれないけど回りの馬はこれで安心(^_^)

いいところだ〜

2013-10-04
試合会場に着きました(^_^;)今回はナショナルの試合ですが馬運車で五時間かけてかなり田舎までやってきました。ここは昔でゆうと東ドイツ。トーマスが教えてくれたのですがまだ昔の名残の建物が多く街並みも古いとゆうか少し見慣れない感じです。でも自然が多くとてもきれいな景色で試合会場も古くさいですが味があって、回りは壮大な大地が広がっていて凄く清々しい気分(*^^*)いつもなら寒いと感じる冷たい空気が清涼感をアップさせ気分は最高にリフレッシュ!!ああ〜、最高に気持ちいいー!!
株式会社トラウム
小山乗馬クラブ

〒323-0012
栃木県小山市羽川29-3

TEL.0285-25-8107
FAX.0285-25-8107

TOPへ戻る