本文へ移動

誠倫ブログ

GP3位!

2013-07-01
GP3位になりました!今日はなぜかキャニオンが練習馬場からすごく落ち着いている。跳びもいい感じ。コースはノーマルの150とゆう感じ。まあ、高くも低くもないような。ただハデな障害が多かったかな。出場頭数は50くらい。僕は最初のほうの出番。中にはいったら少しは強くなったがまだなんとかなる感じ。そんな感じで普通に走行していて気がついたら満点!自分でビックリみたいな(>_<)ジャンプオフには十数頭が残り優勝者にはTOYOTAの車がもらえる!俄然やる気がでてきてジャンプオフに挑んだら、それに呼応するようにキャニオンが強くなってしまった( ̄□ ̄;)!!しかしなんとかコントロールして満点!タイムも上々!このまま車ゲットかと思ったけどそう簡単にいくわけがありません。けっこう余裕な感じで2人に抜かれあっという間に3位に転落。でもいい感じだったし楽しかったからいいでしょう(*^O^*)でもちょっと悔しい。。

定番

2013-06-30
今日で試合も最終日。キャニオンはお休みのはずだったのに朝になり急に連れていくことになり最終競技のグランプリにだけ出場することになりました。慌ただしいな(-.-)出番は夕方なのでその前に腹ごしらえ(^_^;)ドイツの試合に来れば必ずと言っていいほど売ってるのがポテトとソーセージ。定番ですよね。でもこれがうまい!次に定番なのがシュニッツェル。これは豚肉を揚げたものでトンカツみたいなものです。これにシャンピニオンソースをかけるのが有名。僕は日本ではあまり豚肉は食べないのですがドイツにいる時だけはこれを食べます!あとは白身魚かな。定番とはいえないけどレストランにはほぼありますよね!お腹もいっぱいになったことだしグランプリ頑張ろう(*^O^*)

Borghorst その3

2013-06-29
モチロンちょっと年齢の高い人達のクラスも充実。今回は最低出場年齢60歳以上!皆、60 70 80歳の人達です!それがたーくさんいるんだから凄いしおもしろい!しかもアマチュア限定。年に何回かの予選会があり勝ち抜いたオールドガイたちがドイツチャンピオンを決めるオールドドイツ選手権みたいのもあります(*^O^*)1着賞金なんと日本円で1000万円!さすが人生の酸いも甘いも知り尽くした方々!人脈があるからスポンサーが付く!個々でも金は溜め込んでるから出資できる(笑)!でもいいですよね。歳をとっても競えあえる仲間がいて場所がある。これぞいつまでも若くいれる秘訣でしょうね(^_^;)

Borghorst その2

2013-06-29
子供の為の競技も充実しています。例えば障害でも馬場でも年齢五歳まで!などのクラス分けがありそのレベルの範囲内で安全に楽しく競えあえるようになっています(^.^)こんな小さなときがガンガン試合に出てたらそりゃうまくもなるわな!

Borghorst

2013-06-29
Borghorstに試合にきました!この試合はウエストファーレン州でも大きな試合でけっこう街中なのですが何百頭が集まっていました!キャニオンは今週はお休みすることになったので僕は明日だけトーマスの馬で出場します。やっぱりドイツのナショナルの試合は楽しいですね。たくさんの競技内容があり皆が楽しめ成長できるシステムになっています。例えば若馬のクラス。5歳、6歳などは試合直前に馬に乗って試合会場内を物見障害などをジックリみせて慣らすことができます。試合も基本は3反抗、2落馬までOK。時と場合によっては最後の1つで失権したりしても馬と人のために最後まで走行させてくれます。日本は国際ルールを基本に日本のルールを作るから頭でっかちでクソッタレですよね。障害を真正面からみせるな、ジャケットは3色、挙げ句のはてには今回の全日本Jr.の権利。思考期間とはいえ極端すぎですね。時代の流れとは悪い方向に逆行するカミカゼ精神。審判員も素人に毛が生えたような知識だけを詰め込んだ奴らがやってるからここぞとゆ
う状況で的確な判断ができず泣きをみるのはライダーと馬。ライダーがこれだけ外国でたくさんのもの学んでいる時代、審判員は講習会と国際大会にたまにはいるくらい。もっと底辺を間近でみて勉強したほうがいいですよ!!おっと、俺もいつの間にかにおかしな方向に流れてる。いかん、いかん、穏やかに穏やかに(^_^;)写真はメインアリーナで障害をみせ慣らす若馬たち。
株式会社トラウム
小山乗馬クラブ

〒323-0012
栃木県小山市羽川29-3

TEL.0285-25-8107
FAX.0285-25-8107

TOPへ戻る