本文へ移動

誠倫ブログ

大波乱

2019-06-01
波乱の幕開けでした。
昨日グランプリ予選150でメチャ調子良く障害にかすりもせずに中盤にさしかかったとこで落とし穴が待っていました。なんでもない箱障害で突然の横っ飛び。もう1度トライするも馬は全く飛ぶ気なく2反抗失権。。この馬で逃げられたのも初だし、僕自身失権自体いつ以来だろう。。
全く原因がわからない。今までもっと派手な箱障害を何度も飛んでいるし、何故いきなりこんなことが。。
混乱の中むかえた今日はネーションズカップ。
日本は僕だけなので個人での走行。なので出番1番。
ネーションズカップ1番ってだけで緊張するのに箱障害飛ぶかわからない状態で出るのはマジで怖かった。とにかく全部落としてもいいからゴリ推しで、デカイりんばく付けて普段は持たないムチもって、とにかくゴールさせようとゆう気持ちでスタート。
物見させない為に思いっきり前を握ってグリグリ推しこむから、箱障害以外の障害も全部横に流れてしまいボロボロと落下。でも箱障害が最後から3つ目なのでそこまで絶対油断できないし、落とさないように乗る余裕もない。そしていよいよ箱障害。思いっきり推しこんだら今日は全く物見せず飛越。ん??そして無事ゴール。
一体昨日はなんだったんだ。こんな普通に跳ぶならもっと丁寧に乗れば良かったよ(T ^ T)
やっぱ馬って難しいね。
同じ厩舎の韓国チームは3人でネーションズカップに出場。2走行目には行けませんでした。
いろんな意味で本当にダメージでかくてまだ混乱してる部分あるけど引きずってもしょうがないから気持ちを切り替えていくしかない。。よね。。
この箱で今回の全てが狂ったわ。。

メチャ暑い

2019-05-30
気持ちの良い朝をむかえてさっそく会場に出発。
日本も暑かったけどポルトガルもやっぱり暑い!
暑すぎて馬がバテてしまうので会場に着いてすぐに乗って軽くFW。
少し物見してキョロキョロしてたけど長旅の疲れはそこまでないみたい(*^^*)
昼頃になると気温もどんどん上昇して35度ほどに。
やっぱ暑い国だからか厩舎の作りや馬場の雰囲気はどこかリゾート地を感じさせるね。
午後は大行列のベットチェックをして。。
待ってる間に俺は暑さにやられました(*_*)
暑くてダル〜みたいな顔だな

到着

2019-05-29
やっとポルトガルに着いた〜。
20時間くらいかかったかな。ワースト1位の空港もたいして悪くなかったよ。確かにこじんまりしてて、人混みは多いけどその程度だよね。
そしてタクシーでホテルに向かったけどアドレスが間違ってて迷いに迷いやっと着いたら。。
ホテルではなく、なんかスラム街とゆうかまさに地元の人達が住む集合住宅地に着いた。。
ゴミは散乱してるし、なんか怪しそうな人はいるし大丈夫かな。なんと宿泊はこの団地の一室。知らない人達とトイレ、シャワー、キッチンなどを一緒に使うシェアルームでしたΣ(゚д゚lll)
俺の部屋のとなりがトイレ、バスルームで一応上のほうが窓になってるんだけど、トイレ、シャワーの音はガッツリ聞こえるし、背伸びしたら丸見えなんだけどいいのかね( ゚д゚)
そして食事をしたいけどまわりにはなにもなーい。
仕方なくまわりを探索したらまさに地元の一部の人しか来ないだろ的な物売り屋を発見。
本当に六畳ほどのとこに野菜数種、ビールと水、調味料とお菓子少々だけ。とりあえずここで水とビールとチップス買ったら、おっちゃんがこれも持ってけ、ってなんかオイルにつけた木のみのようなものをくれた。
食ったらメチャ不味かったけど、その優しさが嬉しかった(o^^o)
今はポテチを食いながらビール飲んで、夜景を見ている。
そろそろ寝ようかな

ポルトガルに出発

2019-05-28
今週末ポルトガルで行われるCSIO3☆Lisbonに参加するために今からポルトガルに出発です。
まずはベルギーのブリュッセル空港に飛んでそこで飛行機乗り換えてリスボンに入ります。
かなりの長旅になるから腰が心配。。
そして昨夜何気にニュースを見ていたら世界のワースト空港ってのがあって、なんと今から行くリスボン空港が世界ワースト1位でした(*゚▽゚)ノ
とりあえず世界1位を体験してきます。

EQUIFIBRE

2019-05-23
エクイファイバー50体が届きました。
これはトムの会社で作られているNZの大自然から作られた100%ナチュラルの馬用飼料です。
ホースヘイジのように発酵しているので独特の匂いがします。僕は好きですけど(o^^o)
腸の働きもよくするらしいので餌食いも良くなるそうです。
これから暑くなってくるから馬たちも体調に気をつけないとね。
株式会社トラウム
小山乗馬クラブ

〒323-0012
栃木県小山市羽川29-3

TEL.0285-25-8107
FAX.0285-25-8107

TOPへ戻る