本文へ移動

誠倫ブログ

Borghorst

2013-06-29
Borghorstに試合にきました!この試合はウエストファーレン州でも大きな試合でけっこう街中なのですが何百頭が集まっていました!キャニオンは今週はお休みすることになったので僕は明日だけトーマスの馬で出場します。やっぱりドイツのナショナルの試合は楽しいですね。たくさんの競技内容があり皆が楽しめ成長できるシステムになっています。例えば若馬のクラス。5歳、6歳などは試合直前に馬に乗って試合会場内を物見障害などをジックリみせて慣らすことができます。試合も基本は3反抗、2落馬までOK。時と場合によっては最後の1つで失権したりしても馬と人のために最後まで走行させてくれます。日本は国際ルールを基本に日本のルールを作るから頭でっかちでクソッタレですよね。障害を真正面からみせるな、ジャケットは3色、挙げ句のはてには今回の全日本Jr.の権利。思考期間とはいえ極端すぎですね。時代の流れとは悪い方向に逆行するカミカゼ精神。審判員も素人に毛が生えたような知識だけを詰め込んだ奴らがやってるからここぞとゆ
う状況で的確な判断ができず泣きをみるのはライダーと馬。ライダーがこれだけ外国でたくさんのもの学んでいる時代、審判員は講習会と国際大会にたまにはいるくらい。もっと底辺を間近でみて勉強したほうがいいですよ!!おっと、俺もいつの間にかにおかしな方向に流れてる。いかん、いかん、穏やかに穏やかに(^_^;)写真はメインアリーナで障害をみせ慣らす若馬たち。

CHIO Aachen その5

2013-06-28
僕が観たのはネーションズカップ。応援するのは勿論ドイツ!この日のチームは世界ランク1位のクリスチャンアールマン、今年のドイツチャンピオンのダニエルドイザー、言わずと知れたメリディス、リュドガービアバウムとベストメンバーとは言い難いけど文句なしのメンバー。だけど結果は3位に終わりました。。優勝はオランダ。今のオランダは強いね!そしてもう1つ強いと思ったのがサウジアラビア。ライダーはまあ普通だけど馬がとにかくいい!3人が皆1落以内ではかえってくる。。アジアは厳しそうです。とまあ、こんな感じで夜の10時過ぎまでネーションズカップがやっていました。アパートに着いたのが夜中の2時です(>_<)眠い。。ちなみに写真はスティーブゲルダ、クリスチャン、メリディスです。

CHIO Aachen その4

2013-06-28
練習馬場はこんな感じ。ここから長い一本道を歩いてメインアリーナに向かうわけです!きっとこの道を歩いているときが一番緊張するんだろうね(>_<)

CHIO Aachen その3

2013-06-28
モチロン馬具屋は100店舗近く来ているのでどこを見渡しても馬具屋だらけ。僕はあまり興味がないからほとんど見ないけどね。好きな子が来たらきっと1日中見てるんだろうな〜って感じ(^.^)ハミだけでもこんなんですよ!同じ写真じゃないですよ。こんなのがずっと列になって続いているんですよ( ̄□ ̄;)!!

CHIO Aachen その2

2013-06-28
この大会は凄く広い場所でとても歩ききれないくらいですが、それでも観客が多すぎてまともに歩けないくらい(*_*)着いてチケットを買いにいったら席はモチロン完売、立ち見席すらなく入場規制がかかり入れない状態(+_+)このままお帰りかと思ったけど偶然知り合いの関係者を見つけてフリーパスのカードをゲット!やはり持つべきものは友ですね(^.^)たくさんの人が入れず立ち往生しているなか悠々と中に入ることができました!それにしても人多すぎ。。
株式会社トラウム
小山乗馬クラブ

〒323-0012
栃木県小山市羽川29-3

TEL.0285-25-8107
FAX.0285-25-8107

TOPへ戻る