誠倫ブログ

被災地の現状

2011-03-30
僕は今朝早くに小山をでて今は宮城県名取市にきています。名取市はよくテレビでもでているので知っている方は多いと思いますが、ここは海辺に隣接している場所で今回の津波の被害が大きかった場所のひとつでもあります。ここは小山に来てくれている鈴木君の自宅、そして兄の義憲君の乗馬クラブがあった場所なんです。幸いにも2人とも命は助かったもの乗馬クラブは壊滅状態、40頭いた馬のうち助かったのは二頭だけだったとのこと。名取市はいまだに食料不足、燃料不足と聞いたので少しでも役にたてないかと思い、燃料と食料、日用品などを直接届けることにしたのです。車で名取インターに着いた時は愕然としました。そこにはテレビにでている以上に悲惨な光景があったのです。地震から2週間以上経ちかなり瓦礫も片付いたと聞いていたのですが、それはあくまで道路だけ。まわりは家や車や船などの残骸がいたるところに山積みになっているのです。ハッキリ言って言葉では言い表せません。まさに映画のなかの世界にいるようで感覚がおかしくなってしまいます。しかしこの環境のなかでも鈴木くんも地元の人たちも復興にむけて頑張っていました。いろいろな感情が混じり涙が止まりませんでした。今日僕がアップする写真はあくまで一部です。実際はこんなものではありません。そして亡くなっている馬の写真もあります。そのなかには数年前まで小山にいて僕自身が乗っていた馬もいます。早く埋葬してやりたくても重機がない、埋葬する場所がない、人手がない、場所に瓦礫が散乱していて近づけない、様々な理由で未だに何もできない状態が続いているんです。その他にもテレビでは報道されないいろいろな現場の状況を教えてもらいました。鈴木くんは強くこの現状を皆に知ってもらいたいと言っていました。だから僕は自分が見たそのままを隠さずアップします。この写真をみて少しは被災地の酷さが少しは伝わるでしょうか?お願いです。この写真をみて馬乗りの人ならばこの馬たちに心からの冥福を祈ってあげてください。そして被災地で頑張っている人達のためにも本気で今自分たちにできる何かを考えてみてください。それは普通に生活することであったり、物やお金を送ることであったり、ボランティアとして復興のお手伝いをすることであったり、自分の職業や特技で人を笑顔にしたり勇気づけることだったりします。今こそ全ての垣根を越えてみんなが本当に一つにならなきゃいけない時です。まだまだ時間はかかりそうですが、絶対に被災地は復活する!そう信じています。

復活

2011-03-29
おはようございます。今日から装蹄師の深野さんが復帰してくれました!深野さんの実家はテレビでもよくでてくる南相馬市。町は津波に飲み込まれほぼ壊滅状態でしたが深野さんの家は山側のほうにあったので運よく無事だったとゆうわけです。しかしその後、原発の放射能の30キロ圏内にはいってしまい避難を余儀なくされてしまいました。テレビで見る以上に南相馬市は酷いらしく救援物資などがいまだにほとんど届かない状態らしいです。それでも避難生活に疲れた住民の方がどんどん戻ってきているとのことでした。そんな状況の中、わざわざ仕事にきてくれた深野さんに本当に感謝です。深野さんいわく、原発問題さえ解決すれば自宅に戻って以前と同じような生活に戻れるとのこと。日本中の国民が一刻もはやく安心できるように原発問題が解決することを願います。

力任せ

2011-03-26
お疲れ様です。今日は天気が良く絶好の乗馬日和でした(^_^)たくさんの会員さんも一生懸命練習にはげんでいて活気にあふれ一時災害があったことが夢のように思えてしまうような感じになってしまいました。被災者の人たちになんか申し訳ない・・・。そして今日はジョニーでまた170ほど跳んでみました。前回はクロスオクサーだったので今回は前を150ほどの段違いオクサーでやってみましたが、やっぱり集中力に欠け跳びも力任せ。ジョニーはあまりケアフルな馬ではないので踏みきり位置や馬の集中力がすごく重要。トーマスが乗っても馬に集中力がないとボロボロ落としまくり。本当に難しい・・・。次の試合予定はホースショーですが実はジョニーが日本にきてから僕が試合にでたのは一回だけ。あとは全てトーマス。二回目でいきなりホースショーの大障害はちょっとこわいかも(+_+)でもせっかくトーマスがきたら乗せてあげないとなんか悪い気がするしね。まあ、なんとかなるか。練習だけでなんとかやってみます!

おかえりなさい

2011-03-25
お疲れ様です。今日は1年ちょっとぶりに小林さんとゲイリーが小山に帰ってきました!仕事の関係上1年前に茨城に越してしまっていまもそこに住んでいるのですが、これからは遠い道のりを通ってまた一緒に頑張れることになりました!外にいた期間より小山にいた期間のがずっとながいので、ここはようこそ!じゃなくてやっぱりお帰りなさい!だね?(^-^)/

計画停電

2011-03-24
いま夜の7時をまわったあたりですが先程6時50分に一気に明かりが消えました。計画停電です。僕の住んでいる地区での夜の計画停電は初めてです。これから10時頃まで真っ暗です。外を見たら本当に真っ暗で地震のあったあの日、1日中電気が復旧せず真っ暗闇のなかクラブハウスでスタッフと避難していた時を思い出してゾッとしました。しかし真っ暗闇のなかで改めて思いますね。三時間程度電気が使えなくなるくらいでみんなガタガタ騒ぎすぎだと。そりゃ仕事とかにも大きな影響がでてるのはわかりますよ。今の時代、電気が使えないと仕事がまわらなくなるとこなんて山ほどあるんですから。うちだってそうです。規模の大きい小さいはあるにせよ。でもいまだに被災地ではずっとこの状態が続いている場所もあると思うと僕達ばかりワガママ言ってられない。限りある電力を大切に使わなくてはなりません。乗馬クラブでも普段から少しくらい寒くても暖房は使わない、ユウセンもきかない、普段からできるだけ節電を心がけてます。気にしない人からみればそんな小さいことと思うかもしれないけど地震以前からエコ活動や節電が叫ばれていたけれど、そこまで気にする人はいなかったでしょう。でも今節電しなくていつするのでしょう?10年後?20年後?今度また震災がきたとき?そうじゃない、正に今でしょう!今この時期に皆で協力しあってやるべきでしょう!偉そうなこと言っていますが僕自身このような状況にならなければ気がつきませんでした。でもこれを読んで少しでも多くの人の意識のなかに普段から気にしなきゃとゆう気持ちが生まれてくれればと思います。心から被災地の1日も早い復興を願います。